FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.02 (Thu)

細貝がA代表に召集

北京五輪に代表されるように、年代別代表で日の丸を背負う事数知れず・・・
そして今期はその活躍からして「時間の問題」といわれていた細貝萌浦和レッズ)のA代表が実現した。
細貝といえば前育では2年生ながら10番を託された逸材。古くは山口素弘(現解説者)から続く前育ボランチの系譜は、松下・青木・大谷。そして細貝、岩沼・青木・六平・小島と現在まで深く受け継がれている。そのなかでも2年生ながら10番を託された唯一のボランチ、それが細貝であった。山田監督の期待も相当なものであったことがこのことからも窺い知れる。
プレースタイルは、声叫ばんばかりに気持ちを前面に出すファイターであり、豊富な運動量と対人の強さは前育時代に養われたものだろう。
今回の事実だけで満足するような選手ではない。4年後は28歳、まさに油の乗った年齢でW杯イヤーを迎える。ブラジルW杯のピッチに立つべく、細貝の挑戦はまだスタートラインに立ったばかりといっていいだろう。


hosogai05.jpg  hosogai06.jpg
hosogai04.jpg  hosogai02.jpg
hosogai03.jpg
スポンサーサイト

タグ : 前橋育英 前育 細貝萌 細貝 浦和レッズ 日本代表 A代表 山口素弘

20:21  |  前育 日本代表・各種選抜  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.11 (Wed)

U-19日本代表SBS杯に六平、小島召集

前育OBの六平(中央大)と小島がU-19・北アイルランド遠征に続き、SBSカップ(8月21・22日、静岡)に選出。六平は布監督率いるU-19の中心的メンバー、対して小島は高体連所属の唯一の選手だ。

小島の代表は嬉しい反面、懸念されることが幾つかある。
まずは、最も重要な夏休みのこの時期に、代表を優先したことによる、前育への影響だ。
小島は昨年から残った、たった1人のレギュラーでありボランチのポジションである。文字どおりチームの心臓である選手が、定期的にチームを離れることになる。
こういった年は非常に稀で、過去に1度だけあった。アントラーズの青木剛が3年時の年、正に今回と同じ状況だった。結局、青木の影響が大きかったか、県大会で辛酸をなめたと記憶している。
二の舞はあってはならない。

もうひとつの懸念材料は、今年の選手権群馬県予選の戦い方だ。
日程に注目してみると、昨年と同じく本大会の組合せ抽選会後に決勝戦が行なわれることが決まっている。これは、AFC・U-19選手権(10月3日~17日・中国)に小島が召集された場合を想定してのことであろう。
小島が活躍すればするほどチームでの練習時間は削られ、それは対戦相手に一筋の光明をもたらす要因になりかねない。幸か不幸か、小島がこのAFC・U-19に召集される可能性が連日の代表選出で現実味を帯びてきている。

そういったマイナス要因を相殺するためには、チームのベースアップが昨年以上に不可欠になるのは言うまでもない。マイナス掛け合わせてプラスになるよう、日々の厳しい取組みが現実問題として必要となってきたのである。



                 六平 光成              小島 秀仁
musaka01.jpg kojima01.jpg


タグ : 選手権

21:53  |  前育 日本代表・各種選抜  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.18 (Thu)

前育からU-19日本代表 アメリカ遠征・ダラスカップ!

U-19(FIFA U-20ワールドカップ2011)日本代表 アメリカ遠征・ダラスカップ (3/22~4/6)
に、前育から小島秀仁、OBから六平光成が選出された。

二人の関係は六平が3年時に小島が1年であり、当時の前育でチームの核であった六平の背中を見て成長したといっても過言ではない小島。「去年のダブルボランチは別格」と、2年生になった小島の発言から、先輩・六平をリスペクトしていることがわかる。
小島はその後、インターハイで優勝し一気にブレイク、U-17W杯では主力にまで昇りつめ、着実に実績を積み上げた。六平の背中を見て育った小島が同じカテゴリーで代表に選ばれたことは感慨深い。

ちなみに前育の代表関係は、2009年、A代表に青木剛(アントラーズ)、U-20に青木拓矢(アルディージャ)、U-18に六平光成(中大)、U-17に小島秀仁がそれぞれ選ばれた。
結果と育成、この両輪で成果を出している前育だが、高校サッカーでは疎かにされがちな育成面で代表戦線にOB・現役問わず送り出している点に注目したい。今後も代表はもとより、太いパイプを持つJや大学サッカーに選手を供給してもらいたい。


カテゴリ

氏名

所属

POS.

A代表青木 剛鹿島アントラーズボランチ
U-20青木 拓矢大宮アルディージャボランチ
U-19六平 光成中央大ボランチ
U-17、19小島 秀仁前育ボランチ


前橋育英 小島秀仁 前橋育英→中央大 六平光成
小島秀仁                     六平光成

タグ : 日本代表 ワールドカップ 東アジア選手権

21:13  |  前育 日本代表・各種選抜  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。