2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.31 (Wed)

2010 サニックス杯 国際ユース大会

本格的なシーズンを前にして春フェス花盛りのなか、3月19日から4日間の日程でサニックス杯 国際ユース大会(福岡県宗像市)に前育が参加した。
新チームに移行してからテストを繰り返し強化を図ってきたが、今年はグラウンドの人工芝張り替えの都合でPUMAカップもなく、トップチームの試合を見る機会もごく限られた。サニックス杯では小島がダラスカップ出場の関係で途中からチームを離れたりしたが、各ポジションで定位置争いが激化、誰が出ても一定のパフォーマンスを発揮する層の厚みを感じた。プリンスでは小島が加わることで、局面での打開力が上がるのは間違いないが、攻守におけるチームの連動性とグループワークでの崩しがさらに改善されているか注目したい。初戦は4月11日vs大宮アルディージャユースだ。(写真は福岡のtwinsangelさん提供)




   【予選リーグ】 3月19日 前育2-1鹿児島実   20日 1-1アビスパ福岡ユース
               20日 5-1コヤン(韓国)

   【決勝T一回戦】  2-1山梨学院 

   【準決勝】      3-1チャンフン(韓国)

sani01.jpg
対チャンフン高校戦
           


【決勝】 

○前育                                ○東海大第五
GK 川原(12)1年                         GK (1)
DF 柳下(18)・新谷(5)1・李(2)1・山本(16)1        DF (3)(4)(5)
MF 榊原(8)・湯川(7)・戸内(17)・白石(15)1        MF (7)(8)(11)(13)
FW 飯沼(11)・小牟田(10)                   FW (9)(10)(14)
  

          前育-東海大第五

            2 0
            4 1
         ------
            6 1       〈得点〉李・白石・小牟田・飯沼・戸内・湯川  東海大第五・10

IMG_4832.jpg
決勝の開始前。前育は白のセカンドユニを使用

スポンサーサイト
22:47  |  前育 フェス(PUMA・サニックス等)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.23 (Sun)

宮スタ杯・夏高フットサルを振り返る

宮城スタジアムカップ2009 U-18サッカー大会
通称“宮スタカップ”で親しまれている、夏フェスの中でもグレードの高い大会。毎年お盆時期に開催されることから、夏休み期間の仕上げという見方もでき、高校生年代の全国強豪校がこぞって参加している。今年で6回目を数え、前育は2008年・2005年と2度優勝。
今年はインターハイの優勝後、休む間もなく金沢ユース大会に参加。秋に向けたテストが始まった。おそらくこの宮スタカップの頃は、体力的に疲れも相当ある厳しい状況だったと思う。それでもインターハイの反省点を改善修正すべく、新戦力を交え有意義なテストができたと願っている。秋にひと回り成長するには今が大事なのだ。

予選リーグAブロック
・前育 ・サンフレッチェ広島ユース ・野洲 ・宮城県工

8月16日 予選リーグAブロック (宮城県サッカー場Aグラウンド)
・前育 2-0 宮城県工
・前育 2-0 サンフレッチェ広島ユース

対 広島U ハーフタイム
広島ユース戦 ハーフタイム

広島戦 空中戦
広島ユース戦

広島戦 試合後
試合終了後 前育 2-0 広島ユース

8月17日 同上
・前育 4-1 野洲

野洲戦 試合前
野洲戦 試合前

~予選リーグAブロック結果~
1位 前育  2位 広島  3位 宮城県工  4位 野洲

8月18日 1位グループトーナメント(宮城スタジアム)
前育 1-0 青森山田

青森山田戦 試合前
青森山田戦

青森山田戦 イレブン
青森山田戦 試合前

青森山田戦 試合後


8月19日 決勝(同上)
前育 0-1 東福岡


※写真は宮城のTAKEさんよりいただきました。有難うございました!





つづいて、「夏高フットサル」を紹介!
現役の高校生であれば誰でも参加できる、国内最大級のフットサル大会。
参加校数201校。主催はフジテレビで、今年で2回目。
前育は引退した3年生が中心のチーム構成。フットサル日本一を目指して日々練習に励んでいる。

・予選リーグ 関東ブロック
 前育 4-0 郁文館
     9-0 立正
     4-1 成立学園
     5-2 甲府工業

・地区代表決定トーナメント
 前育 2-1 敬愛学園
     3-3(PK5-4) 佐野日大

優勝 前育、関東ブロック代表となる。

・決勝大会
グループD
前育、かえつ有明、湘南工科大

~結果速報~
前育は3位で大会を終了しました。


にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

タグ : 宮城スタジアムカップ2009 U-18サッカー大会 金沢ユース サンフレッチェ広島ユース フットサル フジテレビ

22:52  |  前育 フェス(PUMA・サニックス等)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.14 (Sat)

PUMA CUP(プーマカップ) 3月14日・15日リーグ戦結果 前橋育英、流通経済柏、青森山田、FC東京ユース、横浜Fマリノスユース、名古屋グランパスユース

PUMA CUP(プーマカップ)リーグ戦が、前育高崎グラウンドで開催されました。
14日は朝から雨。午後には止んで晴れ間も見えましたが、冷たい強風。
15日は終日晴れでしたが、やはり風は冷たく、風に悩まされる両日でした。

※スタメン背番号は不正確の場合あり。

~3月14日~
●グループA 前橋育英高vs名古屋グランパスユース
<スタメン背番号>
・前育
GK 志村
DF 木村、小山、代田、田中
MF 小島、三浦、木下、粕川
FW 小牟田、皆川
・名古屋
GK 16
DF 3、19、2、7
MF 10、12、9、6
FW 11、21

前半10分、名古屋9番がドリブルでゴール前に持ち込んでのシュート、先制点を許してしまいます。
前育もCKが数回あり、30分頃のCKは小牟田のヘッドにドンピシャでしたが、これは枠の外。
後半は名古屋がメンバー総入れ替え。
前育も10分過ぎに選手交代。小牟田→西澤、粕川→伊東。
ポジションは伊東が右サイドバック・木村がボランチ・小島が2列目・西澤が最前列。
15分過ぎ、三浦のCKから代田がヘッドで合わせ、ゴール。
選手交代は木下→竹石。早く逆転したい前育。
35分、右サイドからのクロスに皆川がゴール前で合わせて豪快なボレー、これが決まり逆転。
2-1で前育が勝利しました。


●グループB 青森山田高vs流通経済柏高
<スタメン背番号>
・青森
GK 1
DF 5、4、3、2
MF 10、7、6、15
FW 17、13
・流経
GK 1
DF 6、9、4、3
MF 13、7、19、10
FW 18、20

前半、左サイドを走りこんで来た流経10番がクロスをあげ、これに18番が合わせ先制。
更に流経18番がGKと1対1、うまくゴールを狙い、追加点をあげます。
2-0で折り返した後半、青森山田も司令塔10番がゴール。
その後、こう着状態が続きタイムアップ。2-1で流経柏が勝利しました。


●グループA 名古屋グランパスユースvsFC東京Uー18
<スタメン背番号>
・名古屋
GK 1
DF 3、2、19、7
MF 12、10、6、9
FW 11、21
・FC東
GK 16
DF 13、5、26、4
MF 19、32、14、11
FW 18、22

後半にFC東京が先制し、その1点を守りきって1-0でFC東京が勝利しました。
(資料少ない為、以上)


●グループB 流通経済柏高vs横浜Fマリノスユース
<スタメン背番号>
・流経
GK 17
DF 2、5、27、12
MF 11、16、8、21
FW 14、23
・ Fマリ
GK 1
DF 2、4、6、24
MF 17、13、15、8
FW 14、9

前半15分、Fマリノス17番がFKを直接ゴール。
さらに20分、Fマリノス15番が追加点をあげます。
30分、流経14番がゴール、1点を返します。
後半開始すぐにFマリノス13番がゴール、さらにもう1点を加え、4-1でFマリノスが勝利しました。
流経vs横浜


●グループA 前橋育英高vsFC東京ユース
<スタメン背番号>
・前育
GK 志村
DF 伊東、小山、高橋、竹石、
MF 三浦、木村、田中、西澤
FW 皆川、小牟田
・FC東
GK (記入漏れ;)
DF 13、55、26、4
MF 32、19、13、11
FW 28、22

前半、前育は何本かシュートを放ちますが、得点には繋がらず。
30分、田中のCKを高橋がヘッドで合わせて先制します。
35分、FC東京FWにいいパスが通り、GKと1対1。
シュートはゴール左にそれましたが、ゴール前でフリーにさせてしまい危ない場面でした。
1-0で折り返した後半、FC東京にFKを何回も与えてしまいます。
10分過ぎ、選手交代し伊東→代田、三浦・代田がボランチに。
小牟田→粕川で、西澤が最前列へ。
いろいろと試してる感じです。
19分、粕川が冷静に追加点をあげます。
25分、FC東京がCKからの流れでゴールを決め、2-1。
その後は両者チャンスが得点に繋がらず、2-1で前育が勝利しました。
特に30分過ぎ、西澤がスピードに乗って長い距離をドリブルで持ち込み、サイドにパスを出した場面。
結局シュートに至らずカットされてしまったのは、シュートで終えたかった。
前育vs東京

前育vs東京2



●グループB 横浜Fマリノスユースvs青森山田高
<スタメン背番号>
・Fマリ
GK 21、
DF 23、20、4,24
MF 22、12、10、15、14
FW 19
・青森
GK 12
DF 5、3、4、2
MF 10、7、6、8、
FW 13、17

前半に青森山田が先制、後半も青森山田が2点を追加します。
Fマリノスは1点を返しますが、青森山田は選手交代を重ね、ダメ押しの4点目。
4-1で青森山田が勝利しました。


両グループの勝敗は下記のようになりました。

 

PUMA CUP 2009 3・14

グループA

前育

東京

名古屋

勝点

得失点

前橋育英高

 

2-1

2-1

 
FC東京ユース

1-2

 

1-0

 
名古屋グランパスユース

1-2

0-1

 

 

グループB

青森

横浜

流経

勝点

得失点

青森山田高 

4-1

1-2

+2

横浜Fマリノスユース

1-4

 

4-1

流通経済柏高

2-1

1-4

 

-2



「いつでも行けます!」
↑試合直前のサブメンバーの後姿。イエローが映えます。


~3月15日~
14日の結果から、前育は青森山田と対戦するものと思っていましたが、双方の事情ですべて別のカードで対戦することに。

●青森山田vs名古屋グランパスユース
前半、青森山田が先制。名古屋もPKを決め、追いつきます。
後半さらに名古屋が追加点を決めました・・・
(資料少ないため、以上。結果不明。)

●流通経済柏vsFC東京
前半に流経が先制しますが、後半FC東京が細かいパスの交換でリズムをつくり逆転、2-1でFC東京が勝利しました。
流経vs東京

流経vs東京2


●前橋育英vs横浜Fマリノス
<スタメン背番号>
・前育
GK 志村
DF 木村、小山、代田、田中
MF 小島、三浦、粕川、西澤
FW 皆川、小牟田
・Fマリ
GK 21
DF 23、4、6、2
MF 12、17、14、9
FW 19、10

前半1分、西澤のドリブルからスルーパス、小牟田が冷静にゴール。
しかし5分、Fマリノス10番のゴール。
さらに10分、FマリノスのFK、蹴るのはレフティーの10番。
これを確実に決め、1-2で前半終了。
前育vs横浜1

前育vs横浜2

後半1分、Fマリノス9番がゴール。
立ち上がりの失点してはいけない時間に失点はもったいない。
選手交代は粕川→木下、小牟田→竹石。
15分過ぎ、西澤が1点を返し、これで乗っていきたいところ。
さらに選手交代するも、Fマリノス10番が足元の巧みな技術でハットトリック。
2-4で試合終了。

前育vs横浜

前育vs横浜3


結果よりスカッとした内容がほしかった前育でしたが、そう簡単にはいきませんでした。

あと、今日はJ1チーム等からスカウトの方がタクシーや自家用車で大挙。
どのチームも前日の反省点を修正しようと、激しいあたりでバシバシと接触音が耳に入りシーズン間近という雰囲気のなかプーマカップは終えました。
プリンスリーグまであと半月。前育の健闘を願います。


20:18  |  前育 フェス(PUMA・サニックス等)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。