2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.02 (Wed)

選手権予選 前育VS前橋商

11月28日、高校サッカー選手権 群馬県予選決勝トーナメントが再開され準決勝が行われた。
会場は前橋総合運動公園。陽射しこそあるものの冷たい強風が吹き渡るため、前後半で状況ががらっと替わるピッチコンディションとなり神経を使う試合となった。

<布陣>
・前育
志村
木村、代田、小山、田中、
粕川、湯川、小島、上星、
西澤、皆川
・前橋商(背番号)
1、2、4、5、13、6、7、10、20、8、11


09112801.jpg

09112802.jpg

09112803.jpg

09112804.jpg

09112805.jpg

09112806.jpg

09112807.jpg

09112809.jpg

09112810.jpg

試合は開始早々CKからこぼれ球を皆川がダイレクトで決めた1点からスコアは動かず前育の勝利。
しかしドイスボランチをまるっきり変える点をとっても、この試合は中盤の出足が鈍くまた運動量も少なく、3試合目のチームに比べ、これぞ初戦と思える動きの堅さが如実に現れた試合だったのではないだろうか。
スーパーシードでの参加は2年前にもあったことなので、ある程度予想できてはいたが、2年前の反省と改善を今年にもう少し生かせなかったものかと思う部分もある。これから先、来年以降の選手権予選も代表関連に選ばれた場合シードされることも考えられるので、初戦の入り方の調整法を改善する余地があるのではないだろうか。

準決勝第二試合の結果から、決勝はVS新島学園となった。新島学園は全員が真面目に頑張れるチームで、準決勝では劣勢だった前半からハーフタイムを挟んで後半はかなり優位に進めていた。ハーフタイムにおける指示が的確できちんと修正できる点、それをピッチ上で実行できる点、運動量も豊富で後半に強い点など、決勝進出に相応しいチームだと思う。
前育は準決勝の反省と、このようなカードでは過去の選手権予選で痛い目にあったその経験を生かさなければいけない。新島学園とはインターハイ予選で対戦しているが、このときの印象が前育の選手たちの意識のなかに存在し、大観衆の前で巧くみせようとか、かっこつけるなど、気持ちが明後日の方向へ飛んでいては女神に見放されてしまう。勝負とは侮ったほうが後手を踏むものと相場は決まっているのだ。
決勝に来るチームに弱いチームは絶対無い。どれだけ誠実にこの試合を迎えられるか、試合ではファイトで負けることがなく、気持ちの篭ったプレーを通せるかで未来が決まる。ヴィジョンを持って精進してもらいたい。

01:20  |  前育 高校選手権  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://hinokimemo.blog23.fc2.com/tb.php/62-1a38ad04

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。